卵黄の効用

にんにく卵黄ガイド

卵黄にはミネラルやビタミンのほか、レシチンという多機能性成分が含まれています。

にんにく卵黄TOP > 卵黄の効用

卵黄の成分と効用

必須アミノ酸を含む良質なタンパク質を保有する卵の中でも、卵黄はカルシウムや鉄、ビタミンAやDなどの栄養素が豊富に含まれています。

特に卵黄に含まれる『レシチン』という脂質の一種は、人間を含む自然界の動植物すべての細胞中に存在しており、生体膜の主成分となっています。

このレシチンの作用を中心に、卵黄には以下のような効能を期待することができます。

悪玉コレステロールの除去

レシチンは、脳卒中や心筋梗塞などの疾患を起こす原因となる悪玉コレステロールを体内から除去する作用があります。

『卵はコレステロールが高いから摂取は控えなければならない』とよく言われていますが、1日2個程度までなら支障がないほか、卵黄のレシチンにはコレステロール値を下げる働きがあることが確認されています。

脳の働きを活性化する

レシチンは神経伝達物質『アセチルコリン』の原材料となる成分でもあります。

そのため、レシチンは『脳の栄養素』とも呼ばれており、卵黄の摂取により、記憶力の向上や認知症・痴呆症の予防に効果的です。

中性脂肪を溶かす

レシチンは、コレステロールや中性脂肪、脂肪酸などの溶けにくい物質と結合し、それらを溶かす役割があります。

これにより、コレステロールを除去するときに働く酵素の負担を減らし、体の老化を防いでいます。

もちろん、コレステロールや中性脂肪の溶解により、成人病の予防効果を期待することができます。

皮膚の再生を助ける

レシチンには皮膚の再生を助ける作用があり、肌荒れなどのダメージを負った皮膚を修復することができます。

また、細胞賦活作用により、シミやくすみ、シワ、たるみなどの年齢肌トラブルを解消し、健やかで美しい肌を作る手助けを行います。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) にんにく卵黄.biz All Rights Reserved.