にんにくと胃

にんにく卵黄ガイド

にんにくには、胃の荒れを改善し、健康な状態へと導く作用があります。

にんにく卵黄TOP > にんにくと胃

にんにくの健胃効果

にんにくはスタミナ増強食品と思われる傾向が強いですが、実は健胃と胃潰瘍予防に有効な効果があることでも知られています。

にんにくに含まれるアリシンがビタミンB1と結合すると『アリチアミン』という化合物が生成されますが、このアリチアミンにはビタミンB1同様、脳や末梢神経の働きを正常化し、精神を安定させる作用があります。

この効果が過度のストレスやそれにともなう暴飲暴食による胃弱や胃痛を改善し、胃壁の荒れを防ぎます。

また、アリチアミンにはペプシンなどの消化酵素の分泌を高める働きもあり、タンパク質や脂質の分解を助け、胃粘膜を強化します。

生のにんにくは胃に負担をかけるので要注意

健胃に効果のあるにんにくですが、アリシンには強力な殺菌作用があるため、生のまま摂取すると腸内菌が死滅し、胃痛や腹痛の原因となってしまいます。

にんにくは体にいいからと、熱さずに大量に食べると、かえって胃を痛めてしまうことになるので要注意です。

にんにくを食べる際は、炒めたりゆでたりして熱を加え、ある程度アリシンの殺菌力を緩和してやる必要があります。

また、にんにくと卵黄を同時に摂取すると、にんにくのアリシンと卵黄のタンパク質・脂質が結合し、胃への刺激を緩和することができます。

よって、にんにく卵黄は、胃に負担をかけず、にんにくと卵黄の栄養素を同時に摂取することのできる一石二丁の食品であると言えます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) にんにく卵黄.biz All Rights Reserved.